バイナリーをやる上での基本常識(ダウ理論)

バイナリーオプション

ダウ理論について

 

ダウ理論は、アメリカの証券アナリストであるチャールズ・ダウが提唱した理論です。

 

現在でも、市場での値動きを評価するための基礎として用いられています。

 

ダウ理論5種類の基本原則

K.T.
K.T.

この理論は基本的に”長期的な”株式投資で用いられる理論ですが、
私は部分的にはバイナリーオプション攻略にも活用可能だと思っています。

平均はすべての事象を織り込む

 

FXの取引の対象になるのは為替レートですが、この為替レートは日々変動していますよね。
この変動は、世界中の経済の状況だとか、各国の金融政策のバランスだとか、それに対する市場参加者たちの思惑など、さまざま複雑な要素が絡まり合って起こっています。
なので、チャート以外のいろいろな状況などを分析することで、変動を読もうとすることもあると思います。
例えば、ファンダメンタルズ分析とかですよね。

だけど、ダウ理論によれば、為替レートはすべての状況を織り込んだうえで変動しているのだから、「チャートにすべての情報は現れている」と考えます。

あえて簡単に一言にしてしまえば、「チャートだけ見てればいい!」ということです。

 

トレンドには3種類ある

 

ダウ理論ではトレンドを重視しており、そのトレンドを以下の3つに分類して考えています。

・主要トレンド … 1年から数年にわたるトレンド
・二次トレンド … 数週間から数か月程度のトレンド
・小トレンド … 3週間にも満たない短期的なトレンド

この3つのトレンドが混ざり合って相場が形成されているというわけですね。
この観点で、今の主要トレンド、二次トレンド、小トレンドがそれぞれどっちに向いているのか?というのを意識しながら相場を見るというのが、ダウ理論の基本姿勢となります。

K.T.
K.T.

自分のMT4上で各々確認してみてくださいね

 

主要トレンドは3種類からなる

 

1段階目先行期。
このタイミングでは、うまいプロの投資家たちが買い集めています。
ほとんどの投資家はこのタイミングでは悲観的です。

2段階目が追随期。
価格が急上昇しはじめ、多くの投資家が市場に参加し始めます。

3段階目が利食期。
一般投資家にも注目されはじめ、注目を集めます。
このタイミングでは、先行期に買った人たちは利食い始めています。

 

 

K.T.
K.T.

主要トレンドという大きなトレンドがどの段階にあるか、それを意識することで、どういったトレードを狙うべきかの姿勢が決まってくると思います。
これも取引をする前提となる基本姿勢ですね。

 

平均は相互に確認される関係にある

この相互というのは、工業株価と運輸株価のことを示しています。
FXに置き換えて考えると、

「いろいろな方向から分析しても、同じようなトレンドのサインが確認できる必要がある」ということですね。

K.T.
K.T.

経済指標をしっかりとよく確認して研究してみましょう

 

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

 

最後に説明する法則ですが、取引を実践するうえで最も重要です。
もしかしたら、「ダウ理論というとこれのことだ」とイメージする人が多いかもしれません。

この法則を知るうえで、まずトレンドの定義を知っておく必要があります。

 

上昇トレンドとは、上値、下値がともに切り上がっている状態のことです。
下降トレンドとは、上値、下値がともに切り下がっている状態のことです。

相場というのは、トレンドが発生している間でも、ずっと上がり続けたり、ずっと下がり続けたりということはありません。

 

K.T.
K.T.

必ず、上がった後は下がり、下がった後は上がり、ということを繰り返しています。
それを繰り返しながらも、上値、下値が切り上がったり、切り下がったりしている状態がトレンドが発生している状態というわけなんですね。

そして、このトレンドは明確な転換シグナルが出るまで続くというわけなんです。

コメント