副収入を手に入れよう(FX)

経済

FXとは

 

FXはネット上の窓口で取引する投資の一つ

FX取引はFX取引会社を通じて行います。

FX取引会社とは、ネットFX取引証券の「窓口」のことです。

 

最近は、店舗型の証券会社でFXを取り扱うところも増えてきました。

窓口の取引会社はいくつかあるので、自分の投資スタイルに合っているものを利用するのがよいでしょう。

 

銀行とFXの違いとは

また、預かったお金の投資・運用という点で、

FX取引会社は銀行とは根本的に違います。銀行は、預金者のお金を個人に貸すことにより利益を得て、一部を利息で預金者に還元します。

一方のFX取引では、取引会社が投資家から証拠金と呼ばれる担保を預かり、注文を行うことによる手数料で利益を得ています。

FXで投資したお金(口座に入れたお金)は、すべて投資家自身の意志で動かします。

 

そのための指示が「売買注文」です。

注文は、取引会社を通じてインターバンクという市場に出されます。

これは銀行同士で取引を行う市場のことで、土日・祝日(各国の祝日)を覗いて、毎日24時間取引されているのが特徴です。

 

需要バランスで動くシンプルな仕組み

日本はもちろん、世界中の投資家に注目されるFX取引。

その理由として、仕組みがわかりやすいことが挙げられます。

為替相場は、一般的なモノやサービスの値段と同じで、ある通貨を売りたい「売り手」と、買いたい「買い手」の需要バランスによって動き、決定されています。この価格を為替レートといいます。

 

需要が増えれば価格は上昇し、減れば価格は下落します。

K.T.
K.T.

このわかりやすさが、これから投資を始めようと考えている人に人気のポイントです。

 

人気を集めるもうひとつの理由は「買い」と「売り」の両方から取引を始められることです。通常、外貨預金などは「買い」注文から初め「売り」注文によって利益(損失)が確定しますが、FX取引では「売り」からでも可能です。

 

たとえば「買い」しかできない取引では、

将来的に米ドルが値上がりする(円安ドル高になる)ことが前提となり、円高ドル安に動いている場面では取引ができません。

FXでは「売り」からの取引が可能なため、値下がりが予測できる場面でも取引に参加できるのです。

 

 

K.T.
K.T.

FXの情報については、わたしも経験があるのでここではざっくりとした説明だけで済ませますが

今後もわたしの記事を読んでいただければもっと「深く」「詳しく」説明していますので楽しみにお待ち下さい!!

 

 

コメント