▶個人投資家”A”「これを知っていたから私は無敵になれた」

FX

あいさつ

 

とても最近、冷えてきましたね・・・

 

 

暑いのも寒いのも苦手な私は、

家の中ではなるべくルーズな格好で過ごしたいので暖房最強にしちゃってます!

 

 

気になるニュース

ところで、皆さん!

 

こちらの記事をネットニュースやテレビでご覧になった方はいるでしょうか?

「女性が傷付いているのに見て見ぬふりはできなかった。でも仕事柄、絶対に手は出せなかった」暴行を受けた長与千種さん(AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース
19日、けんかの仲裁に入り暴行を受けた事件で、元女子プロレスラーの長与千種さんが記 - Yahoo!ニュース(AbemaTIMES)

 

見ていない方は、リンクを貼り付けておきましたのでぜひ見てみてください

 

元・プロレスラーの長与千種さんが、男性に襲われていた女性を助けるために

仲裁に入り怪我を負わされてしまったという事件です。

 

わたしも男性として女性に暴力を振るう男性は本当にかっこ悪いし最低だと思いましたが、

 

それ以上に、勇敢に立ち向かった長与千種さんのことをとてもかっこいいなと感じました。

さらに、元プロレスラーという職業上自分からやり返したりせず防御だけ。

 

結局、怪我を負ってしまったわけですが

その後

 

長与千種さんの痺れたコメント

 

「私じゃないんですけどって(笑)。

テレビで見たことある北海道警察だって思いました(笑)。

でも、女の刑事さんがしっかり話を聞いてくださって。すごく丁重に“勇気を持ってやっていただいた“と言われたが、当たり前のことをしただけなので。

少しでもプロレスラーが世のためになったのであれば良かったですね。危険な物を所持していればそれ以上のことをするつもりはなかったが、やっぱり傷を負っている女性がいるのに、見て見ぬふりはできなかった。

“警察に電話したからでいいですよね“じゃなくて、そういう気持ちを持ちたいですよね。

職業間違えたのかな。警察になればよかったかな。お騒がせしました。私はこの程度なので大丈夫です。北海道の人たちは温かいので、またこういうことがあれば守ります」

 

 

というコメントにもとても痺れました。

 

わたしが、もし現場に居合わせたとしても長与さんの言う通り「警察に通報するだけ」で助けに行こうなんてなかなか勇気が出なくて出来ないと思います。

 

今度、道で襲われている女性を見かけたら絶対に助けに行こうと思います!

なので、この記事を読んでいる読者の皆様も是非怖くても勇敢なヒーローのようになれるように一緒に頑張っていきましょう!!

 

というように、今回の事件だけでなくても私は毎日ネットニュースやテレビで情報収集を怠りません。

 

情報を制した者、戦を制す

 

なぜかというと、ほぼもう習慣のようになってはいますが「情報不足」という点で、

私の取り組んでいる「投資」だけでなく、友達や仕事仲間との会話のタネにもなりますしぶっちゃけニュースも見てないなんて

社会人としてかっこ悪くないですか??

 

 

なので、ぜひニュースは毎日見ましょう!!

 

ケータイアプリに「グノシー」でも「SmartNews」でも入れておいたら簡単じゃないですか!

新聞を読め!とかって言ってくるおじさんは周りによくいましたけど、

情報を得る媒体は実際なんでもいいと思います!!

だって、新聞紙買うの140円とかして毎回払うのバカバカしいし煩わしすぎて読む気もなくなるじゃないですか。

 

 

だから、「アプリ」で十分です!!なんなら「Twitter」とかのSNSでもいいです!!

とにかく!!たくさんの!!情報を得てください!!

 

 

もっといっぱい多くのことを知ってください!!

知らないだけでどれだけ損すると思いますか??

 

 

例えば、

今日も残業だよ〜。昨日も夜の22時まで働かされた〜。給料は全然変わらないのにな〜。

とかって、お悩みの皆さん!!

 

 

「労働基準法」ってググってください!!

法律では、一日八時間。週40時間を超える労働は認められていません!!

さらに、残業時間も週に15時間までです!!

こんな常識も知らない方多いと思います!!

 

 

では、なぜ知らなかったのか??






調べようとしてこなかったからじゃないですか??

 

 

こんなものはほんの一握りの一例に過ぎませんよ??

もっと、情報を仕入れて賢く生きようじゃないですか!!

 

でも、行動しないでしょうね・・・

 

このあと、公開する情報も見ないでしょうね・・・

 

もしかしたら、っていうか絶対今後みなさんに役の立つ素晴らしい情報をわたしが仕入れて持ってきても

あなた達は気づかないでしょうね。

でも、ここまで毎日見てくれている方にはきちんと感謝の意味も込めて今日も情報を伝えていこうと思います!!

 

 

本日!伝える内容は

 

「ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違い」

 

です!!

 

◆「ファンダメンタル分析」◆

まず、ファンダメンタルズとは、一国の経済状態を示す基礎的指標のことで、ここから分析するのでファンダメンタルズ分析と言います。

 

国が世界に出す経済成長率や、財政収支、金融処置など国の情報を表すものを「経済指標」といいます

FXは、この情報が深く相場の動かす要因に関わっています。なぜなら国の通貨での取引だからです。

 

そこで、意識の仕方として、

 

取引する通貨に直接や間接的にも大きく影響を受けるものについてのみ

情報を集めればいいのです。

 

 

全てを知るのは不可能なほどの経済指標が出ていますので、

経済指標がまとめられているサイトに星などで重要度を表しているので、重要度が高い内容を抑えとけば大丈夫です。

 

f:id:logicstar:20181119215803p:plain

 

経済指標カレンダー|みんかぶFX
これから発表される各国の主要経済指標発表カレンダー。指標ごとの重要度、今回予想値、前回発表値、さらに前回発表時にどれくらいドル円が変動したかがわかる情報をご覧いただけます。また、発表結果は速報で画面表示します。さらに、前回より過去のデータを数年分遡ってご覧いただけるページもございます。どこよりも速い!経済指標情報はみん...

特に重要な指標が出る時間帯は、アメリカなどの指標が出る日本時間の21時~になります。

どのタイミングで出るかは、上記のサイト

などに詳しく載っているので見てみてください。

 

例えば、

アメリカの月に一回出る雇用に関する指標の失業率、新規雇用者数や、金融政策についての発表は相場に大きく影響を出します。

 

分析の仕方として、今の取引している2国間の情報のうちの格差に、優位性がある方に相場が傾きやすいということです。

 

しかし、そんな単純ではなく、相対的にいろいろな国の情勢が絡み合うので、一つの情報によって相場が傾く全ての要因になるわけではないのです。

 

ですので、大きな指標に目を通すことは経済のおおまかな流れを知るために必要ですが、そこから考察したり、取引を決定づける要因にすることはあまりオススメしません。

 

 

ファンダメンタルズ分析というものを、取引の要因にして勝てるほど

相場は甘くないのです。

 

もしも、国の通貨間の取引だから、ファンダメンタル分析が強い優位性があるのであれば、仮に経済評論家などの知識がある人は投資の世界では無敵ですよね?

 

そういう人ほど、この世界では生き残っていくことができません。

なので、まとめると、「ファンダメンタル分析」は

取引をする決定的な要因にするのではなく、大きく相場を見るときの一つの要因として捉えることが重要

だということです。

 

◆「テクニカル分析」◆

テクニカル分析とは、全ての情報は相場に反映されているという考え方から、その市場から得られる情報を分析対象にして判断に利用する分析方法です。

 

その代表的なものに、チャート分析があります。

 

 

そのチャート分析ですが、様々な方法があり、チャート画面に出すボリンジャーバンドや移動平均線、ロウソク足、水平線などから分析をすることを指します

 

f:id:logicstar:20181117090629p:plain

 

このテクニカル分析ですが上記のように方法が多くあり、

間違った方法を初心者の頃は選びがちですが、たくさん分析ツールを使えばいいというわけではなく、逆に相場をシンプルに見なくてはいけません!

 

 

そのシンプルな見方ですが、一番オススメするのは、ロウソク足の動き方と水平線やトレンドラインなどのラインから読み取る分析方法が一番シンプルに見れ、

多くの勝っている投資家が使っていることもあり、優位性を見つけやすいと思います。

 

 

よく移動平均線やボリバンなど、チャートに出す分析ツールを多く表示してそれを過信し、

エントリータイミングの大きな要因にしてる方がいますが、そのような見方しかできないうちは使ってはいけませんし、

いつまでたっても、相場理解をすることはできません。

 

相場を分析する一つの要因と捉えることができる人が使うから、優位性があるものに変わるだけであり、過信する使い方はしてはいけません。

 

上記のことから、テクニカル分析は使い方によって、優位性のあるタイミングを掴むのにマイナスにも、

プラスにも大きく決定づける要因になるので、しっかり判断して使い分けましょう。

 

最後に

今回は、相場分析について、二つの分析方法が与える優位性の判断の仕方について説明しました。

 

特に、初心者の方は、分析した内容に大きく決定権を預けてしまいますが、それぞれに過信しすぎることをせず、何が起きてもいいように、柔軟に対応できるよう心がけてください

 

そして、もう一つ重要なことを言い忘れていましてが、経済指標の発表時は、大きく相場が荒れ思わぬ損失が出ることがありますので、その前後の時間帯は、取引を避けることをオススメします。

 

今後、こちらに書いてある「ファンダメンタル分析」・「テクニカル分析」については更に深く記事で紹介していきます!!

 

 

お楽しみにお待ち下さい!!

 

 

「今日のワーク」

・スマホにニュースアプリをインストールしてみよう

コメント